ホームページ

日本や世界に数多く存在している「ジオパーク」。実際にジオパークがどんなものなのか、詳しく知っているという方は少ないのではないでしょうか。ジオパークとは、地球科学的に重要な価値を持っている自然を保護し、教育や観光などにも持続可能な形で活用していくという場所のことを言います。ジオパークに指定されている場所は世界各国に数多くあり、そのどれもで豊かな自然や生態系などを観察することが可能です。ジオパークは、地球の神秘や自然の豊かさにしっかりと触れられる場所となっているのです。このサイトではそんなジオパークについて、日本・世界のものを紹介したり、ジオパークを訪れる際に気をつけなければいけないこと、そして世界の環境問題などについても詳しく解説していきます。ジオパークに興味があるという方は、ぜひ一度ご参照ください。

外出先でカジノをプレイ

オンラインカジノでプレーすることは非常に人気があり、毎日何千人もの人々が何らかの形のオンラインカジノゲームをプレーしています。それがカジノゲームでとても人気になっていることは不思議ではありません、それは遊ぶのが楽しくて刺激的であるだけでなく、あなたは多額のお金を獲得することができます。オンラインでカジノをプレイするのは素晴らしいですが、実際にもっと楽しいのは、他のプレイヤーと出会い、ライブでカジノをプレイすることです。他の人とライブカジノをプレイする絶好の機会は、いわゆるカジノ旅行です。これらの旅行では、すべての最高のもの、つまりカジノゲームと休日の両方を組み合わせることができます。カジノ旅行では、同じ興味を持つ他の人と出会い、古典的なカジノゲームを終日プレイする機会を得ます。あなたはハイローラーですか? jackpotslots.jpで確認してください。 みんなのためのカジノ旅行 さまざまな種類のカジノ旅行がたくさんあり、あなたにぴったりの旅行を簡単に見つけることができます。旅行中に日光浴や水泳をしたいですか、それとも楽しい都市生活を楽しんでいますか?豊富な品揃えで、カジノ旅行とたくさんのアクティビティやアトラクションを組み合わせることができます。あなたがカジノ旅行に行ってカジノゲームに焦点を当てているなら、もちろんあなたは他にもたくさんのことを思いつくことができます。あなたが最も楽しいと思うこと、つまり遊ぶことに費やす時間がある間に、あなたの休日を楽しんでください。カジノ旅行は、プレイヤーとして成長し、ギャンブルをまったく新しいレベルに引き上げる機会を提供します。カジノ旅行では、ギャンブルに集中することができ、他の時間のかかる要素に邪魔されることはありません。自分自身に投資し、たくさんの新しい知識を与える旅に身を任せてください。他のプレイヤーだけでなく、小さなコースからも新しいことを学ぶことができます。多くの旅行はコースをアレンジし、ゲームの紹介と一般的なヒントやコツを提供します。初心者でも、上級レベルのプレーでも、これらの旅行は誰にでも適しています。 本物のカジノ感覚を体験 カジノ旅行は、実際のライブゲームで興奮とアクションを体験するユニークな機会を提供します。コンピューターから自宅で遊ぶとき、そのペースの速い、神経を破壊するような感覚を得ることは困難です。カジノの旅では、あなたは常に真実の瞬間にいて、ここでは常にそれが起こる場所にいます。ディーラーや他のプレイヤーと直接テーブルでやり取りできるライブプレイは、とても楽しく楽しいです。あなたはこの素晴らしい経験に失望することはありません。カジノ旅行は、日常生活からしばらく離れて、楽しいと思うことをしたいあなたにとって素晴らしいオプションです。パートナーや友人と一緒に旅行を予約して、共同旅行にします。このような旅は、あなたにたくさんの新しい思い出をもたらします。カジノへの旅行は、贈り物やサプライズとしても最適です。ラスベガスで独身パーティーを開くべきでしょうか?たくさんのゲームやエンターテインメントを備えたカジノ旅行よりも良いかもしれないもの。カジノ旅行は、カップル、友人、シングルのどちらにも適しています。共通の関心事は、お気に入りのカジノゲームをプレイすることです。 太陽と水泳のカジノ旅行 多くのカジノ旅行は、キラキラと魅力の両方を体験できる大都市にあなたを連れて行きます。美しい設備と豪華なディナーで、あなたは世界クラスのプレーヤーのように感じるでしょう。ネオンライトとキラキラ光に魅了され、眠らない街を体験してください。あなたが世界チャンピオンのように感じられる場所でカジノをプレイするよりも本当に良いことは何ですか?これまでに試したことがない新しいゲームをプレイしてみて、お気に入りのゲームのスキルを向上させてください。運が良ければ、休暇の真っ最中に大きな勝利を手に入れ、エレガントなバーで素晴らしいドリンクを味わうことができます。太陽と水泳が予定通りであれば、もちろんより暖かい緯度に行くカジノ旅行があります。揺れるヤシの木の下の白亜の白砂のビーチで1日を過ごしましょう。熱くなりすぎたら、透き通った水で冷やすことができます。日曜日の休日には、適切に休息し、プレーにかけることができる多くのエネルギーを得ます。夕方には素晴らしいディナーと素晴らしいカジノゲームを楽しめます。ビーチでの休暇がもたらす穏やかさと美しさを、カジノゲームの興奮と組み合わせてください。ビーチにいない日は、地元のエリアで遊んだり探索したりできます。 快適なカジノ旅行 カジノ旅行は人気が高まっており、その理由を理解することは難しくありません。カジノ旅行では、興味のある時間を過ごすことができ、簡単かつ快適に旅行できます。多くの場合、飛行機で指定の目的地に移動し、可能なすべての設備を備えたホテルに滞在します。旅行中は、外出して高級レストランで美味しい料理を食べたり、美しいバーで美味しい飲み物を飲んだりできます。この間、世界中の他のプレイヤーと毎日たくさんのゲームをすることができます。あなたがお金を獲得する機会がある快適で楽しい休日をしたいなら、これはあなたにとって完璧な休日です。今日のカジノ旅行を予約して、なぜそれがそれほど人気になったのかを理解してください。

世界も認めた大地と歴史!日本の主要なジオパーク

地質学的に貴重な地域の環境を守りながら学びの場を提供し、観光の場として地域振興をはかる日本のジオパークは、2008年に7地域が指定されたのが始まりです。その後は数が増え続け、2020年4月現在なんと43地域が指定されています。ここでは、その中から世界で認められたジオパークについてご紹介します。 ユネスコと日本のジオパーク ジオパークにはユネスコの正式事業のひとつである世界ジオパークネットワーク(GGN)の認定を受けた「世界ジオパーク」と日本独自の認定機関日本ジオパークネットワーク(JGN)によって認定された「日本ジオパーク」の2種類があります。日本のジオパークの中には、日本ジオパーク委員会(JGC)の推薦を受けて世界ジオパークネットワークに認定されたジオパークが9地域あります。 日本の「世界ジオパーク」認定ジオパーク 世界ジオパークに認定された9つのジオパークは以下のとおりです。・洞爺湖有珠山ジオパーク(北海道伊達市、豊浦町、壮瞥町、洞爺湖町)・アポイ岳ジオパーク(北海道様似町)・糸魚川ジオパーク(新潟県糸魚川市)・隠岐ジオパーク(島根県隠岐の島町、西ノ島町、海士町、知夫村)・山陰海岸ジオパーク(京都府、兵庫県、鳥取県、京丹後市、豊岡市、香美町、新温泉町、岩美町、鳥取市)・室戸ジオパーク(高知県室戸市)・島原半島ジオパーク(長崎県島原市、雲仙市、南島原市)・阿蘇ジオパーク(熊本県阿蘇市、南小国町、小国町、産山村、高森町、南阿蘇村、西原村、山都町)・伊豆半島ジオパーク(静岡県沼津市、熱海市、三島市、伊東市、下田市、伊豆市、伊豆の国市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町、函南町、清水町、長泉町) この中から3つのジオパークについてご紹介します。この3か所は日本で初めて世界ジオパークに認定された地域です。 洞爺湖有珠山ジオパーク 洞爺湖有珠山ジオパークでは、約10万年前の噴火でできたカルデラ湖である洞爺湖と2000年に噴火した有珠山を中心に、火山活動が繰り返されることによって生まれた地殻変動の様子を直に見ることができます。 糸魚川ジオパーク 日本列島の東西境界、フォッサマグナの西端の大きな断層が糸魚川-静岡構造線です。糸魚川ジオパークはこの境目を見ることができるジオパークです。また糸魚川はヒスイの産地としても知られ、「世界最古のヒスイ文化発祥の地」と言われています。 島原半島ジオパーク 雲仙火山を中心に、約430万年前から平成までの火山活動の跡を観察できるジオパークです。噴火を重ねる雲仙の噴火の跡のほか、火砕流のすさまじさを伝える民家や学校が残されています。また火山がもたらす恵みなど、人と火山の共生がテーマとなっているジオパークです。 まとめ 今回ご紹介したジオパークは、それぞれ特殊な成り立ちによってできた土地と、そこで生きる人々の営みを刻んでいます。世界遺産とは異なる土地と人とのつながりを確認しに出かけてみてはいかがでしょうか。

2020年最新の環境問題とは?私たちの生活への影響について

エコという言葉が瀬間に広く浸透したように、環境問題は私たちにとっても身近な問題になりつつあります。その中でも2020年最新の大きな環境問題について、いろいろと紹介していきます。また私たちの生活にどのような影響を及ぼすかについても見ていきましょう。 地球温暖化 地球温暖化の問題は、少し前から指摘されていたことでメディアでもたびたび取り上げられています。しかし地球温暖化によって、私たちの生活にも徐々に影響が出てきています。 日本も熱帯化? 温室効果ガスの影響などによって、地球の気温が徐々に上昇しています。日本で暮らしていてもそのことを実感するのではありませんか?一昔前までは最高気温30度超えといわれるとかなり厚いような気がしていました。しかしいまでは35度以上の猛暑日は当たり前、中には40度を超える気温を記録する地方もあるほどです。実際日本の気温はここ40年で、平均4度も上昇しているというデータもあるほどです。 異常気象が連発 「○○年に1度」というコメントを天気予報でしばしば聞かれます。このような異常気象も地球温暖化が影響しているのではないかといわれています。2020年も梅雨前線が長期間停滞したことで九州地方を中心に豪雨に見舞われました。川の氾濫が各所で起こり、冠水被害や土砂崩れによる被害も多数報告されています。このように私たちの生活基盤が崩れるような自然災害が毎年各地で起きています。 海洋ごみ問題 海の汚染に関する問題も、世界的な環境問題として注目されています。その中でも問題視されているのが、プラスチックごみによる影響です。 プラスチックが海に漂流 最近世界中で課題になっているのが、海洋ごみの問題です。その原因はペットボトルなどのプラスチックが川や海などに廃棄されるからです。プラスチックは海には溶けないので、そのまま漂流し続けます。中には砕けて細かなマイクロプラスチックという粒子になって、それを餌と誤認した海の生物が食べて、死んでしまう事例も報告されています。 日本でもビニール袋が有料化 プラスチックごみ対策として、世界中でプラスチックの排出量を減らそうという動きが見られています。日本でも2020年の夏からビニール袋が有料化しました。これによりコンビニやスーパーなどで使用されるビニール袋の量を減らそうというわけです。 まとめ 今日問題といわれるとあまりに規模が大きくて、私たちの日常生活にどう関係するのかわからないという人もいるかもしれません。しかし上で紹介したように異常気象による自然災害やビニール袋の有料化など、周り回って私たちの身近な生活に多大な影響をもたらします。ほかにもいろいろな環境問題が世界中で沸き起こっています。しかしこれらの問題のほとんどが人災、つまり私たち人間が引き起こしているといわれています。地球で生活する生物の一員として、私たち人間がどうするか真剣に考えるべきタイミングに来ているのでしょう。

一度は訪れ体感したい!世界の主要なジオパーク

国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)は正式事業のひとつとして、地質学的に重要な地域の環境を守りながら学びの場を提供し、観光の場として地域振興をはかることを目的に「世界ジオパーク」の認定を行っています。2020年6月現在、41か国の147地域が世界ジオパークとして認定されています。それぞれが地質学的に非常に貴重な場所であり、歴史や生態系などに深く関わりのある地域となっています。 ユネスコと世界ジオパーク 1990年から地質学的に重要な地域の保全とその地域の貢献を目的に活動が広がり、2000年にヨーロッパジオパークネットワーク(EGN)が設立されたのが、世界ジオパークの始まりです。その後2004年にユネスコと支援事業となり、世界ジオパークネットワーク(GGN)が設立され、さらに2015年にユネスコの正式事業のひとつになりました。ユネスコの事業として有名な世界遺産との一番の違いは、世界遺産が史跡や自然をそのままの形を残すためのものであるのに対し、ジオパークは観光や教育に活かして地域に貢献するという目的があることです。 世界ジオパークは前述したように147地域もあります。ヨーロッパが活動の発祥の地のため地域的には数は多いですが、国別にみると1位は中国の39件、2位がスペインで13件、3位がイタリアの10件となっています。ちなみに日本は9件で第4位です。 世界の主要なジオパーク ペトリファイド・フォレスト・オブ・レスボス(Petrified Forest of Lesvosk) ギリシャの島々の中でも、なんと1630平方キロメートルという広さを持ったレスボス島の「シグリ」という地域が認定されています。この島は火山島で、2000万年前には林だった場所が火山灰で埋もれ、化石化した木々が場所によっては当時のように立ったまま残されています。 バレン&モハーの崖ジオパーク(Burren and Cliffs of Moher Geopark) こちらはアイルランドにあるジオパークです。バレンとは不毛の地という意味で、石灰岩が作り出す様々な風景が楽しめます。ターロックと呼ばれる「消える湖」はこの石灰岩の特性によって生まれるユニークな現象です。モハーは破滅を意味し、海面から約120~200mもある崖が8kmにわたって続いています。 廬山(廬山第四紀氷河地形国家地質公園) 廬山(ろざん)は世界遺産にも登録されている中国江西省にある山です。標高1543mで仏教の霊山でもあります。雲に覆われた峰々の姿は「匡廬奇秀甲天下」(匡廬は廬山の別名、匡廬の奇秀は天下一)と言われてきました。その美しさ・雄大さは李白や司馬遷などの詩人が作品に残しています。地域には泉や滝、巨石などがあり、変化に富んだ地形を形作っています。 まとめ 世界のジオパークは日本のジオパークとはまた違った壮大さを持つものも少なくありません。ジオパークの目的のひとつが観光による地域の振興ですから、ぜひ訪れていただきたいと思います。ユネスコ世界ジオパークリストURL:https://www.hasegawadai.com/world-heritage/世界遺産リスト-ランキング/ユネスコ世界ジオパーク-リスト/

訪れる前に覚えておこう!ジオパーク内でのルールとマナー

ジオパークは素晴らしい地球の営みを、多くの人たちが見たり感じたりして楽しみ、学ぶ場所です。同時に地質学的に貴重な景観や自然環境が残り、将来にわたって保護していかなければならない場所でもあるのです。この先もずっと同じように人々が訪れる場所であるために、ジオパーク内でのルールやマナーを学んでおきましょう。 基本のマナー 普段の生活でもマナーがあるように、ジオパーク内にもふさわしいマナーがあります。 動植物や岩石などを持ち帰らない ジオパーク内にある岩石や動植物を採取するのはやめましょう。自分一人ぐらい・・・と思っても、訪れる人たちがみんなそのように考えたらジオパーク内の自然環境が壊れてしまう可能性があります。また、動植物はその環境でしか生きられない固有の種も数多く存在します。ほかの場所では生きていけないということを忘れないでください。 ゴミは持ち帰る ペットボトルやプラスチックのケースなどは基本的に持ち帰って下さい。ジオパークはゴミ処理施設から離れた場所にあることも多いです。喫煙者の方はタバコの吸い殻も持ち帰るように準備をしておきましょう。 トイレの使用 トイレはジオパーク内の施設を利用するか、携行トイレを使用しましょう。間違ってもその辺で用を足してはいけません。 住民や他の観光客に配慮する ジオパークは住んでいる方も含めて成り立っている地域も多いです。迷惑駐車や私有地の無断立ち入りなどには気を付けましょう。また、観光客も多いのでお互いが気持ちよく楽しめるように配慮しましょう。 体調や体力を考えて計画する 広大なジオパークは長い時間、足場の悪い場所を歩かなければならないことも考えられます。事前に行く場所の情報を集め、無理な計画は立てないように気を付けましょう。また、体調が悪い場合には無理をしないようにしましょう。 ローカルマナー 基本のマナーのほかに、ジオパークごとに決まりがある場合があります。場所が海と山では環境が大きく違います。ジオパークの案内所やガイドの指示に従って行動するように心がけてください。ジオパーク内でバーベキューやキャンプが許可されている場合は、指定された場所以外では行わないようにしましょう。 注意点 ジオパークは大自然の中にありますので、思いもしない出来事が起きることがあります。多くの場合、ジオパーク内での事故は自己責任となりますので注意してください。 ・危険な昆虫(スズメバチ・毒虫)や野生動物が出現することがある。・雨天の場合、歩道が滑りやすくなる。・岩場・急斜面などでは、落石に注意する。・ボートで移動する際には身を乗り出したりしない。 まとめ 日本でも外国でも、観光地での迷惑行為は問題となっています。そういった行為を見かけて不快な思いをした方もいらっしゃるのではないでしょうか。場合によっては警察が出てくる騒ぎになることもあります。ジオパークは大地のすばらしさを確認する場所です。ぜひ自然に敬意を払って行動していただきたいと思います。

ただの観光地だと思ったら大間違い!ジオパークは地球を知る貴重な財産です

ジオパークという言葉を聞いたことがありますか。最近ではジオパークをめぐるパッケージツアーなども販売されていて身近になってきていますが、そもそもジオパークとはどういったものなのでしょうか。ここではジオパークとその役割についてご説明します。 ジオパークとは ジオパークという言葉は「地球や大地」を表すジオ(Geo)と「公園」のパークを組み合わせたものです。世界ジオパークネットワーク(GGN)のガイドラインには、ジオパークに値する地域とはどんなものかという記載があります。要約すると「その地域特有の地質・地形・生物の多様性・歴史・文化などがしっかり関わり合っている場所」ということになります。ジオパークの本質は、地質学的に重要な地域の環境を守り、その地域を教育に活かし、そして観光(ジオツーリズム)によって地域振興をはかるプログラムなのです。 ジオパークの認定 ジオパークには「世界ジオパーク」と「日本ジオパーク」があります。世界ジオパークは国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の正式事業であり、世界ジオパークネットワーク(GGN)の審査を通ったものだけが認定を受け世界ジオパークと名乗ることができます。4年に一度、再認定審査が行われ、認定が取り消されることもあります。ユネスコの正式事業には世界遺産もありますが、こちらは現状を保存する意味合いが強く立ち入りが厳しく制限されたりすることがあることをご存じの方も多いでしょう。この点がジオパークとの一番大きな違いです。一方、日本ジオパークは日本独自の認定を受けたものをいいます。日本の認定機関は日本ジオパークネットワーク(JGN)で、こちらも4年に一度再審査が行われます。なお、日本のジオパークの中で世界ジオパークにふさわしいと思われるものは日本ジオパーク委員会(JGC)の推薦を受け、世界ジオパークネットワークに申請を行います。日本にある世界ジオパークはすべて、日本ジオパークの認定を受けています。 ジオパークの活動 世界ジオパークネットワークも日本ジオパークネットワークも活動内容はほぼ同じと言っていいでしょう。主なものは以下の3つです。 保全 ジオパークが未来にわたって、多くの人々が地域のすばらしさを感じ、利用できるように保護を行います。また、保護のための計画の立案なども行います。 教育 ジオパークを訪れる人々に、その土地そのものだけでなく、その場所の歴史や育まれた文化を学んでもらうようにするための取り組みなどを行います。学校関係者へのアンケートや各ジオパークの地質調査なども行われています。 ジオツーリズム ジオパークを楽しむためのジオツアーを計画・実施します。地域の発展をはかることもジオパークの大切な活動のひとつのため、ツアー参加者の満足度の向上をはかり、商業ベースとして成り立つように各ジオパークの特色を生かしたツアーの立案や、ガイドの育成なども行っています。 まとめ 2020年4月現在、日本には43地域のジオパークがあります。南北に長く、海に囲まれた火山列島である日本には、それだけ守り、学ぶにふさわしい場所があるということです。テーマパークだけでなく、学べる観光地として訪れてみてはいかがでしょうか。